夢は保育士・保育士になりたい!!でもどうすれば・・・(サイト移行しました) - 平成29年の保育情勢
■平成29年の保育情勢

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■サイト移行のお知らせ



平成29年4月1日よりサイト移行いたします。
今まで25000人以上の方に訪問いただきありとうございました。

今後は以下のサイトにて最新の保育情報を含めてリニューアルいたします。
よろしければこちらのサイトをBOOKMARKやお気に入り登録をしてくださいね!




【新・夢は保育士 保育士になりたい でもどうすれば・・・】



スポンサーサイト

■保育士は本当に取得するべき!?

夢は保育士・保育士になりたい TOPへ

1、保育士として就業するには今が最も好機会 


保育士が不足している地域では、戦後最大の好機会が到来しています。

私が保育業界専門の人材会社にて、保育士相談アドバイザーとして相談を受けていたとき

これから保育士資格を取りたいと考えている方からの質問ならびに悩みが最も多かったのが・・・


1位 保育士資格を取得しても未経験&新卒ではない年齢で本当に就職が出来るのか!?

2位 1年に1度の試験で資格を取得することが本当に出来るのか!? 

3位 保育士の給与で、本当に生活を続けることが出来るのか!?



直球で答えると・・・


1位・・・出来ます。経験の有無より資格の有無というのが採用側の本音です。むしろ社会人として他業種を経験して一般常識等を学んだ方を欲していることが多いです。この経験はそのまま「保護者対応」に活かせるというのが大きな理由です。


2位・・・保育士不足を考慮して年2回になりました。回数が増えたことよりも重要なのは次の試験との間が短くなったこと。短期間で2回受けられることは合格率が2倍ではなくそれ以上に、大きな意味があります。

3位
・・・
本当に不足しているのは一般保育士ではなく「主任」「施設長」というポジションです。このポジションは資格さえもっていればというわけにはいきませんので実力でつかみとることが可能です。保育園の増加に伴い、役職就任機会も増えているだけに大きなチャンスでもあります。

(施設長に関して言えば・・・世間で取りざたされている給与と違う金額になっています・・・求人で出ているような株式会社や株式に近い社会福祉法人の施設長の金額とは違いますよ。)
 


だって・・・法人の理事長や、採用担当者が口を揃えていうのだからこれは間違いありません★

そうですね・・・少なくともあと5年~10年は保育士不足に陥っている地域ではこのような状況は続くでしょう。

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・名古屋・仙台・札幌・福岡。

これらの地域ならびに隣接する地域の方は、保育士資格を取得する価値が十分あるのではないでしょうか。







夢は保育士・保育士になりたい TOPへ




■保育士は本当に不足しているのか!?

夢は保育士・保育士になりたい TOPへ

1、保育士不足と保育園が抱える現実は本当! 


平成27年になってようやく保育園の待機児問題が”全国ニュース”として取り扱われることになりました。

そして保育士不足問題は以下の流れで進んでいきます。



【1】待機児が多くなり、保育園に入園出来ない。

【2】保育園を作っていくうちに数を増やすことに限界を感じてくる。

【3】保育園を作る土地とあわせて保育士が不足していることがようやく世間に知れ渡る。

【4】東京・神奈川・埼玉を中心に都市部の保育園不足地域において保育士の採用困難を理由に運営会社が保育園を新たに作ることを断念する流れが増えていく。

【5】それでも保育園を作ろうとする保育事業者を中心に保育士不足の影響から保育士の質が大幅に低下。そしてギリギリの人数で運営する保育園が増えていく。

【6】保護者の不満や保育士一人当たりの負担が増えることで保育士の不満が高まり退職に繋がる。

【7】東京・神奈川・埼玉を中心に都市部の保育園不足地域においては「保育士確保」が一番の課題になっており、事業者側はとても頭を悩ませている。

こんな状況では、保育所を増やすことにも限界があるのは仕方がありません。

それでも保護者は・・・「保育園落ちた日本死ね」

保育士から本音を言えば「こんな保護者は入れなくて構いません(笑)」

ある意味・・・このような人を落としたのは正解でしょうね(笑笑)

入れない保護者の気持ちも分かりますが、保育所はただ増やせばよいというわけでもないんですよね。




2、日本全国で考えれば保育士は決して不足はしていない


日本全体で考えれば「少子化」なわけですから、保育園の需要は「保育園が足りている」「保育園が足りていない」という地域に分かれているのが現状です。

もし、札幌以外の北海道・島根・鳥取・佐賀・秋田などの都道府県から就業したくても出来ないorあまりに給料等の条件が悪くて就業に全く魅力を感じることが出来ない地域の保育士を保育士不足の東京や神奈川に持ってくればバランスは取れるのです。




3、でも実際に保育士が充足することはないでしょう


あくまでも「2」は理想の話です。実際にわざわざ生まれ育った環境や現在住み慣れている土地柄をわざわざ捨ててまで東京や神奈川・・・大阪や仙台・名古屋といった保育士不足都市には出てきません(笑)

なので結論から言えば・・・
【保育士不足は解消されることはない】のです。

なので・・・これから資格を取得しようとされる方は、十分仕事に就く機会は多いというわけです。
(これは〈保育士資格を取得しても働くことは出来るのか!?〉にて詳細を書きたいと思います。)




夢は保育士・保育士になりたい TOPへ




話題のこども資格

★オススメサイト★

転職はDODA
保育士年収の参考はこちら


訪問記録

☆来てくれてありがとう☆

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
アドレス:
件名:
本文:

保育関連やブログについて質問等があればお気軽にどうぞ

プロフィール

保育士の夢を叶えて8年目

Author:保育士の夢を叶えて8年目
夢は保育士!
保育士になりたい!!
そんな同じ想いをもった方に
少しでも応援をすること出来れば嬉しいですね☆

注目する保育士のブログ

保育界のだいすけセンセイ.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。